潰瘍性大腸炎の母は子どもと切磋琢磨したい!

子どもの成長、育児の様子、学習、絵本、おもちゃ、日記、潰瘍性大腸炎、妊娠のことなど様々なことを記しています!

シリーズ絵本はやっぱり子どもが好き①

シリーズ絵本はやっぱり子どもが好き①

 

シリーズ絵本って、やはり人気ですよね。

人気があるから、シリーズ化もされるのかと思います。

 

私の視点からですが、特にシリーズの第1作目は傑作が多いように感じます。

 

うちの子たちも、やはり大好きです。

シリーズ本はたくさんあるので、紹介を2つに分けます。

①の今回は、うちの子たちが気に入ってシリーズ全てを読んだものをご紹介します。

②はシリーズのうち何冊か読んだものをご紹介する予定です。

 

また①も②も、1回読んだだけではなく、何度も何度も読んだ作品です。

 

紹介はシリーズ名と、シリーズの中で子どもが1番好きな絵本の著者、絵、出版社を紹介します。(子ども2人で意見が分かれたものは、どちらかを記してます)

 

・こぐまちゃんシリーズ

 「しろくまちゃんのホットケーキ」

  わかやま けん

  こぐま社

可愛らしい絵とオノマトペが素敵なシリーズです!

 

・ももんちゃんシリーズ

 「ももんちゃん あそぼう どんどこ ももんちゃん」

  とよた かずひこ

  童心社

こちらも可愛らしい絵、ユニークなキャラクター、わかりやすい文で楽しいです!

 

ノンタンシリーズ

 「ノンタンこちょこちょこちょ」

  キヨノサチコ 作・絵

  偕成社

とっても有名なシリーズですね。可愛らしいキャラクターたち、時にはわがままなノンタン。シリーズ作品それぞれ、ストーリーにのせて自立や社会性や協調性までも、自然に学べるものが多いと感じます。

 

・バムとケロシリーズ

 「バムとケロのそらのたび」

  島田 ゆか

  文溪堂

ストーリーは全てのシリーズ楽しいです。

それだけでなく、もう絵がとっても魅力的です。はっきりとした彩色も素敵ですし、なんといっても芸が細かい。

ただを絵を読み進めるだけでも大満足のシリーズです!ミニ絵本だと、子ども自身でも持ちやすいですよ!

 

・せんろはつづくシリーズ

 「せんろはつづく」

  竹下文子・文

  鈴木まもる・絵

  金の星社

竹下さんのリズムのいい文章で、わかりやすいです。

そしてこちらも絵だけでも読み進められます。本文にはない絵を追うのもとっても楽しいです。優しい絵に癒されます。

 

・からすのパンやさんシリーズ(かこさとしおはなしシリーズの中のカラスのものです)

 「からすのてんぷら屋さん」

  かこさとし

  偕成社

 

・だるまちゃんシリーズ

 「だるまちゃんとてんぐちゃん」

  加古里子 さく/え

  福音館書店

 

上記はかこさとしさんの代表的な2つのシリーズではないでしょうか?1冊読んだら、シリーズぜんぶ読みたくなってしまい、子どもはやはり「全部読みたいし、読んでー」になりました。絵もとっても楽しいです!

 

・ぞうのエルマーシリーズ

 「エルマーとにじ ぞうのエルマー15」

  デビッド・マッキー

  BL出版

カラフルなぞうのエルマーと仲間のぞうたちとの楽しいお話です。こーは1冊読んだら、次も次もと1人でどんどん図書館で読んでしまいました。

絵全体もカラフルで、見てて楽しくなります!

 

ちびくろ・さんぼ(全3巻あります)

 「ちびくろ・さんぼ

  文 ヘレン・バンナーマン

  絵 フランク・ドビアス

  訳 光吉夏弥

  瑞雲舎

昔からある有名な作品ですね。

3冊とも何回も読んでーと持ってきます。

ちびくろ・さんぼに続きのシリーズがあったことを、子どものおかげで知れました。

発想も楽しい作品でですね!

 

・ねずみのほんシリーズ

 「ねずみのいえさがし」

  ヘレン・ピアス さく

  まつおかきょうこ やく

  童話屋

写真の絵本です。小さいねずみがどうなっていくのかが、見てて楽しい絵本です。

  

・だるまさんシリーズ

 「だるまさんが」

  かがくい ひろし

  ブロンズ新社

とっても有名な作品ですね。だるまさんのように体を動かしながら、楽しめる絵本です。

最近子ども自身で持ちやすそうな、ミニサイズも見かけます。

 

以上、うちの子が大好きなシリーズのご紹介でした。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございます♪